ノンエー化粧水を使うのはリスクあるの!?

MENU

ノンエー化粧水を使うのはリスクあるの!?

ノンエー

ノンエー化粧水とは、ノンエーローションのことですね。

 

これを使うことにリスクはあるのでしょうか。

 

思いつかないので、ノンエーローションがどういうものか、みていきましょう。

 

 

 

ノンエーローションは、ノンエーの洗顔後につけるとニキビケアにより効果的な化粧水です。

 

どこがより効果的なのかというと、ノンエーローションに入っている成分でわかります。

 

 

ノンエーローションには、様々な成分がはいっています。

 

ビルベリー葉エキス、マヨナラ葉エキス、オタネニンジン根エキス、レモングラスエキス、カミツレ花エキス、グレープフルーツエキスなどです。これらの天然成分は、肌を健康な状態に持っていってくれて、うるおいを与え、キメを整えてくれるという働きがあるのです。

 

肌を整えてくれるだけでなく、新しいニキビをできにくくするニキビ予防にもなるのです。

 

 

そして、ノンエーローションは弱酸性でできています。

 

人の肌質と同じです。なので、安心して使えます。さらに、肌がアルカリ性に傾いてしまわないように、ノンエーローションを使うことで、弱酸性をキープすることができます。

 

 

ノンエー化粧水であるノンエーローションを使うリスクはありますか? 
ないですよね。簡単すぎて困る、というリスクでしょうか。

 

ノンエージェルを使うのはリスクあるの!?

ノンエー

ノンエージェルを使うことについて、リスクはあるのでしょうか。

 

ノンエージェルって何なのか、確かめていきましょう。

 

それから考えましょう。

 

 

ノンエージェルは、ニキビケアに特化した保湿剤です。

 

アクネ菌が大好きな油分は含んでいません。
また、香料、着色料、鉱物油、パラペン、フェノキシエタノールは含まれていません。

 

 

では、何が入っているのかというと、12種類の植物エキスです。

 

これで、肌にうるおいを与えていくのです。
ニキビケアにうるおいや保湿はどうなんだろうと思っているかもしれませんが、ニキビケアの基本は、汚れをしっかり落とすこととそのあとしっかり保湿することです。

 

肌が乾燥していると、皮脂の分泌が過多になってしまい、皮脂汚れが毛穴を詰まらせ、アクネ菌が増えることになってしまいます。
なので、適度な潤いと保湿は、必要なものです。

 

 

ノンエージェルは、洗顔、化粧水のあとにつけるものです。

 

手にプッシュして取ったら、なじませて顔全体に広げていきます。
なじませていくのであって、叩いてつけることはしません。
やさしく顔全体にまんべんなく伸ばしていってください。

 

これで、保湿できました。

 

さて、ノンエージェルを使うリスクです。
何でしょう。ありませんよね。

 

 

ノンエーは10日で実感するのか?